手続き

2009年12月22日

厚生労働省がPRしているハローワークでのワンストップ・サービス。

行政的には好評とのことだが、私たちの仲間うち、弁護士・司法書士・社会保険労務士・生活保護の支援に関わっている人達には、めっきり評判が良くない。

というのも、確かに指定されているハローワークに行けば専門の相談員がいるが、その場で実際に生活保護の申請ができるわけではない。

説明を受けてパンフレットを貰うだけ。

また最初、受付で相談内容を聞いて、専門の部門に振り分けるらしい。

それで受けた先での話は聞けるが、横の連絡がない。

つまりトータル的なケアがない。

ワンストップというのが、その場に「専門家がいる」という状態だけになっていて、その次の「行動(申請等)」は「又後日、自分で」となってしまっている。

そして専門家同士も何かお互いを気遣って他の専門家に回しにくいよう。

つまり「トータル的な相談」には乗れない状態だと。

これでは、本来の意味の「ワンストップ・サービス」にはなっていない。

何か弁護士会から行政に対して要望を出すらしい。


クリックお願いします。→人気blogランキングへ


taka19541018 at 21:52コメント(0)トラックバック(0) 

2009年06月03日

ぞくぞくと顧問先から電話が入ります。

「労働保険の年度更新の申告書が届きました。」

早速、申告書の回収に回りました。

今年も電子申請で行おうと思っています。

それで県会からメールで情報が入っていましたので、厚生労働省のHPにアクセスしました。

そうしますと今年から操作が難しくなっているみたい。コチラの電子申請は私たち社労士が普段やっているe-Govのとは別物なのです。

本当に政府はややこしいことをする。

労働保険適用徴収電子申請ソフトを新たに(旧バージョンは削除して)ダウンロードして、なおかつ今年から政府共用認証局証明書というのを厚生労働省からダウンロードしないとソフトが使用できないようになっています。

どうにか、二つともダウンロードできましたので年度更新の電子申請ができそうです。

それにしても今年から社会保険の算定基礎届も同じ時期ですが、間に合うのでしょうか?

栄養ドリンク飲んで頑張るぞ!

クリックお願いします。→人気blogランキングへ



taka19541018 at 19:33コメント(2)トラックバック(0) 

2009年03月06日

いよいよ定額給付金の支給が開始されました。

北九州市でも準備に取り掛かっています。詳しくはコチラ

北九州市では基本的に住民基本台帳に登録されている世帯主あてに申請書を郵送して、振込口座を返信封筒で回答させるようです。

申請書及び封筒の印刷代や郵送代は税金なのでしょうね。

基本的に世帯主あてに送られますから派遣切りで失業して住所のない人やホームレの人には届きません。…というより、郵送できません。

いつの世も、こういう人達は蚊帳の外ですね。

こんな定額給付金に意味があるのでしょうか?

私はしっかり使うつもりですが。

皆さんのお力をください。→人気blogランキングへ



taka19541018 at 18:16コメント(0)トラックバック(0) 

2008年07月28日

そろそろ私の顧問先でも健康保険の被扶養者の調書を作成して社会保険事務所に届けています。

これは、政府管掌の健康保険です。昨年はありませんでしたが、今年は10月に全国健康保険協会が設立されるのに先駆けて行われます。

これでしっかり被扶養者を確認して全国健康保険協会に移行しようというものでしょう。

顧問先でも聞かれましたが、健康保険の被扶養者がいる人全部に調書が送られているわけではありません。

次の人は確認の対象から除かれています。
〆G4月1日以後に被扶養の認定を受けた人
∈G4月1日において15歳未満の子

そしてすべての被扶養者が,泙燭廊△乏催している人については調書が送られていませんので、「自分の所には来てないけど…」と心配しないで結構です。

8月8日(金)必着ですので、事務担当の方は届を忘れないように。

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

皆さんのお力をください。→人気blogランキングへ

コチラリックもお願いします。ヵヮィィ☆ブログランキングへ



taka19541018 at 21:02コメント(0)トラックバック(0) 

2008年07月10日

社会保険の算定基礎届は一般には今日が締切日です。会社で総務を担当されている方、間に合いましたか?

社会保険労務士が関与している事業所については、福岡県(たぶん全域と思います)では7月25日(金)が締切日になっています。

それでも昨日、今日と顧問先の半数を届けました。あとの残りの顧問先についたは電子申請でするつもりです。もちろん、送信代理で。

あと2週間ありますので間違えずにやりましょう。

それにしても明日の昼までにクライアントの賃金規程、それも人事評価連動型を作らないといけません。

なんでこんなに忙しいのでしょう。神様にお願いしたからかなぁ。忙しくなりますように〜って。

とにかく頑張ります。クリック応援もお願いします。

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

皆さんのお力をください。→人気blogランキングへ

コチラリックもお願いします。ヵヮィィ☆ブログランキングへ



taka19541018 at 18:06コメント(1)トラックバック(0) 

2008年06月12日

労災保険事故(通勤・業務上)になりますと医者(診療担当者)の証明必要になります。これがないと事業主がいくら事故を証明しても医療費や休業(補償)給付金が出ません。

医者証明するのは「傷病の部位及び傷病名」「療養の期間」「傷病の経過」ですが、これが先生によっては(または病院の窓口のミスか)回答が遅れるとか、回答しても書き間違えてるとか、書き間違いの訂正印を押していなかったりとか…などでキチンとした証明をいただけない場合があります。

今回も証明をお願いして1ヶ月が過ぎてしまいました。書類をお渡しして1週間ごとに連絡していますが、先生が学会とか…、証明を頂いても書き間違いがあり訂正をお願いしたり、また事務局の人が「1週間先生にお会いできなかった」とかで結局1ヶ月が経ってしまいました。

もちろん今日また催促の電話を病院にしましたが。先生の証明が遅くなればなるほど、本人への休業(補償)給付金の支給が遅くなる事が分っていないようです。

先生は立派な有名な先生らしいのですが、もう少ししっかりしてください。(病院も対応を早くしてください。)

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

皆さんのお力をください。→人気blogランキングへ

コチラリックもお願いします。ヵヮィィ☆ブログランキングへ



taka19541018 at 23:13コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月16日

やっと休業補償給付の第1回支給請求を労働基準監督署に提出しました。

事業主が最初、自分で労働基準監督署に行ったのですが、請求の日と病院の先生が証明してくれた日が違っていたようです。

事業主が自分でやろうと思っても、平均賃金の出し方などはある程度、内容が分る人でないと書けません。

それで税理士の先生からのご紹介で私のところに依頼がありました。

「本人はすでに休業しているので早くしてほしい」と言うことでしたが、1週間で支給請求書を提出することができました。

早くて来月の初めに本人の口座に振り込まれるそうです。

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

皆さんのお力をください。→人気blogランキングへ

コチラリックもお願いします。ヵヮィィ☆ブログランキングへ



taka19541018 at 17:34コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月14日

昨日ブログを書いたあとに福岡県労働局の労働保険年度更新申告の電子申請担当者に電話しました。

そうしますと、決算の関係で電子申請のソフトが12日から19日まで止まっているそうです。

20日から再稼動するとのことです。

それで連休明けの7,8,9日に、受けた電子申請の返事を返していれば電子申請をした社会保険労務士のほうに返事が行っているようです。

ただし、担当の部署があって、私が電話した、私の電子申請の担当の部署の人は間に合わなかったのか、9日までに処理を終われなかったようです。

そのため、返事(つまり「手続完了」の返事)が20日以降になると言われました

20日以降になるって…20日が申告・納付の締切でしょう!

私はこの担当者に「電子申請の意味がない」とはっきり言いました。

担当者は「全国同じ状況ですので…」という返事ですが、5月1日に電子申請したものが5月20日以降に返事をもらって何の意味があるって言うのか?

こんな事を知っていれば電子申請とかしなくて直に所轄の労働基準監督署に持っていたのに!

労働局は「電子申請」「電子申請」「電子申請」と言って、社会保険労務士に電子申請をするように促しているのにこんな事では電子申請をする気になれない!

「電子申請の意味がない」と言うと担当者が「申請の内容を確認して大丈夫か返事します」とのこと。それから30分程度で「申請の内容で大丈夫です」との返事をもらったので、その金額で納付するように顧問先には納付書を記入して渡しました。

来年からは年度の申告が2カ月ずれるようになっているので、今回のような問題は起こらないと思うが、「やはり役所仕事だな」と思いました。

私たち社会保険労務士は、「お客さんからの信頼・信用」が一番大事です。

そんなことを役所の人はまったく分っていません。ただ自分の仕事をしているだけなのでしょうね。

市民の利益をもっと考えてほしい!

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

皆さんのお力をください。→人気blogランキングへ

コチラリックもお願いします。ヵヮィィ☆ブログランキングへ




taka19541018 at 22:07コメント(1)トラックバック(0) 

2008年05月13日

11時半過ぎに所轄の労働基準監督署の担当者から電話がありました。

やはり労働局で受けたものは労働局で判断して決定するそうです。この時、賃金集計表が所轄の労基署に届いているかは関係ないようです。

労働局はあくまでも送られた電子申請の申告書の内容で判断するという事でした。

それで返信が遅れているのは、労働局が決算の関係で電子申請の審査まで手が回らないからのようです。

私の方は、電子申請を5月1日の夕方に送って「到達」になっていて、この記録が残っているから問題ないとのことでした。

それにしても、あとの5日、6日、7日に送った電子申請は「手続完了」の返事がきているのですが?………?

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

皆さんのお力をください。→人気blogランキングへ

コチラリックもお願いします。ヵヮィィ☆ブログランキングへ



taka19541018 at 13:01コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月12日

やっと労働保険年度更新の電子申請が終りました。これでどうにか5月20日までには間に合います。

そしてやはり、連休前に電子申請していた所轄の労働基準監督署に問い合わせますと、電子申請と私が郵送した賃金集計表の突合せをやっていなかったようです。

「今日中に」とお願いしましたが、午後6時現在まだ「手続完了」にはなっていません。連休があったとはいえ、申請して10日が過ぎているので、早くしてほしい。

(たった今、所轄労働基準監督署の担当者から電話がありました。「電子申請を送るのは労働局でも所轄でもかまいませんが、労働局に送った場合は労働局が審査して判断します。所轄に送ると所轄が1次審査して労働局に送って、労働局が2次審査します。」とのことでした。)

私は労働局に送りましたが、ずーと「審査中」のままで「手続完了」にはなりません。

「労働局に確認してまた連絡します。」とのことでした。

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

皆さんのお力をください。→人気blogランキングへ

コチラリックもお願いします。ヵヮィィ☆ブログランキングへ




taka19541018 at 18:47コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
訪問者数

Archives
Categories
社会保険労務士.COM
  • ライブドアブログ