2012年09月27日

ピンク、がんばれ!

家で飼っているウサギのピンク(♀)の容態がよくありません。

何か元気がなく息苦しいようにしているので、動物病院に連れていきました。
6月9日のことです。

この時、動物病院の先生から「もってあと2週間」と言われました。

呼吸困難になっていたので、その場で酸素ボックスの会社に電話して、酸素ボックスを家までもってきてもらって今日までずーと、ピンクを酸素ボックスに入れています。

ピンクが酸素ボックスに入って、もう3ヶ月が過ぎました。

私も家内も「2週間」と言われたのに、今までピンクが生きているのが少し不思議ですが、家内がしっかりピンクの面倒をみているからだと思います。

酸素ボックスの中の温度を24度に保っていないといけないようで、家内が空(から)のペットボトルに水を入れて凍らせたのを2つ、酸素ボックスの上に置いています。

真夏の時は氷がすぐ溶けるので2〜3時間おきくらいに、今は4時間おきくらいにペットボトルを家内が交換しています。

もちろん交換は真夜中もずーと、家内が交換しています。(私は寝ています。ゴメンナサイ。)

ピンクは今6歳です。まだまだ長生きして下さい。

ピンクです





taka19541018 at 22:22その他  
livedoor プロフィール
訪問者数

Archives
Categories
社会保険労務士.COM
  • ライブドアブログ