2012年03月18日

「労働契約法の一部を改正する法律案要綱」の答申

諮問を受けていた標記法律案要綱について、16日に労働政策審議会から小宮山厚生労働大臣に「おおむね妥当」として答申されました。

内容は「有期労働契約の在り方について」です。

1.有期労働契約の期間の定めのない労働契約への転換

2.「雇止め法理」の法定化

3.期間の定めがあることによる不合理な労働条件の禁止

詳しくはこちらをどうぞ。→厚生労働省HP


taka19541018 at 15:39法律改正  
livedoor プロフィール
訪問者数

Archives
Categories
社会保険労務士.COM
  • ライブドアブログ