2006年02月10日

年次有給休暇の計算

人気ブログに参加しています。皆さんのお力をください。→人気blogランキングへ

就業規則は依頼されてよく作成したり、改正したりします。以前作られているのものを拝見すると、ほとんどの会社は法改正に追いついていません。

育児・介護休業法もそうですが、年次有給休暇の付与日数については法改正があったことすら知らない会社もあります。

入社日から3年6ヵ月後は付与日数が14日になります。その後は6年6ヶ月後まで1年ごとに2日づつ増えて、6年6ヵ月後に20日です。またパートの人の場合の付与日数にも法改正があっていますのでご注意下さい。

付与日数を計算する時は、6ヶ月または1年間の計算期間の所定労働日数のうち、2割を超えて欠勤している場合は次の期間の年休は与えなくてよいことになっています。

また計算を効率よくするために、計算の基準日を設ける時がありますが、この場合は入社から基準日までの日数が6ヶ月を超えるときは法律違反にならないように注意しないといけません。

年次有給休暇の消化、付与日数の計算は使用者の責任ですので、面倒くさがらずにやりましょう。

カワイイブログランキングにも応援お願いします。→ヵヮィィ☆ブログランキングへ


バランス・スコアカード(BSC)セミナーのご案内

来年2月21日(火)福岡県中小企業振興センターであります。詳しい内容は→コチラ

講師がなんと、あの、吉川武男氏です。BSCでは世界でも第一人者の先生です。

興味のある方、いや、ご自分の会社の経営戦略を真剣に考えられている経営者の方は、ぜひご参加をお勧めします。


65歳定年制の相談・業務委託について

相談及び業務委託を希望される方は私宛メールを送って下さい。相談は基本的に無料ですが業務委託については、報酬を頂きます。北九州市内の事業所については、労働基準監督署への届けを代行いたします。(北九州市外の事業所については届けの代行はできませんが、届ける書式までのお手伝いをいたします。)

私宛メールに、会社名、業種、労働者人数、担当者をご記入ください。(頂いた情報を他に使用する事は絶対にありません。)質問事項等はできる範囲で詳しくお願いいたします。

私宛メール : taka-jun.f@nifty.com




taka19541018 at 17:57コメント(1)トラックバック(0)人事・労務管理  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ■ぶろぱら- BlogRankParadaice -   2006年02月11日 02:56
Blog楽しませていただきました☆
最近ぶろぱら- BlogRankParadaice -ってサイトを立ち上げました(>ω<)ノ

http://r-capybara-blog.com/?cs1020

本公開に向けて、登録サイト&ご利用者を大募集中ですので
是非是非ご登録&ご利用下さい☆

(まだまだ工事中なのですが…^_^;)

http://r-capybara-blog.com/?cs1020

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藤城 孝雄

公益法人に16年間、文具・OA機器の商社に6年間勤め、経理・総務を経験し、平成15年4月に「FUJIKIサポートコンサルティング」を開業しました。
取得資格 
特定社会保険労務士
ファイナンシャルプランナー(AFP)

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
Categories
社会保険労務士.COM
  • ライブドアブログ