2005年03月26日

社労士たちの勉強会(響会)

ランキングアップにご協力を!→人気blogランキングへ
クリックしていただけると嬉しいです。

開業したばかりの社労士で作っている「響会」の勉強会が今日あった。
毎月1回のペースでやっているのだが、毎回その中で行われる討議が実践に則していておもしろい。
 
今日、議論になったところを紹介します。
 
(1)4月から個人情報保護法の完全施行が始まるが、社労士としても顧問先の個人情報の取扱いには今まで以上にシビァにやらないといけない。顧問先を多く持っている社労士は、損害保険に入ることも検討した方がいい。
 個人情報の取り扱い方については具体的なものはこれからのようだが、行政とかではすでにルール作りを行っているところもある。
 
(2)懲戒で賃金を減給する場合は、1回の事案につき1日の平均賃金の半額を超えることはできない。また数次の事案についても1賃金支払期の賃金総額の10分の1を超えることができない。しかし、数次の事案について合計した金額が、1賃金支払期の10分の1を超えるときは、その分については翌期に持ち越せる。
 
(3)年次有給休暇をいつまでに会社に提出しなさいと法律上定めているものはない。通達によれば、できるだけ前営業日が終了するまでに提出するようにとはなっているが強制ではない。そのため当日の朝に電話をかけてきて「今日、年休で休みます。」と言われても業務の支障がない限り、使用者は拒否できない。
「業務の支障」とは、その人間がいなければ契約が取れなくなるなどの重大な事情がある場合など。
 ただ、休む側の人間は「休む」と言えば会社が「出てこい」と言っても休むだろうから、会社としてはどうしょうもない。ただ、こういうことが度重なり、業務に支障をきたし(そのたびに他の者にその者の仕事を頼むことになるなど)他の従業員にも影響を及ぼすことになると、懲戒や勤務評定でのマイナスになることはある。
 
以上のようなことでした。
 
本当に社労士業を行う以上、専門家としての勉強が欠かせません。


taka19541018 at 17:37コメント(2)トラックバック(0)社会保険労務士  

トラックバックURL

コメント一覧

2. Posted by 藤城   2005年03月27日 00:33
中村様
こちらこそ、ご意見等をお聞かせください。
1. Posted by 知っ得塾:中村   2005年03月26日 22:36
お世話になります中村です。
本日は大変勉強になりました、2回目の参加でしたが1回目同様非常に良い刺激と知識を頂いています。今後も宜しくお願いします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
訪問者数

Archives
Categories
社会保険労務士.COM
  • ライブドアブログ