2005年03月07日

30歳未満の人に対する国民年金保険料の猶予について

今日発信しました「FUJIKI情報FAXサービス(第36号)」の内容についてお問い合わせがありましたので、その内容を掲載します。少し長くなりますが、読んでください。
           ランキングアップにご協力を!→人気blogランキングへ
 
<以下記事の抜粋>
(6)若年者に対する納付猶予制度の開始
  30歳未満の若者に限り、同居する親の所得に関係なく、本人か、配偶者の前
 年の所得が一定額(政令で定める)以下であれば、申請により国民年金保険料の
 納付を猶予するというもの。ただし、実施は4月からですが2015年(平成
 27年)6月までの10年間の時限措置です。納付猶予となった保険料は10
 年以内に追納(後払い)することができます。追納しないと年金をもらうため
 に必要な期間(受給資格期間)には算入されますが、年金額には反映されません
 のでご注意下さい。
<記事終わり>
 
(問い合わせ)
 今回の猶予制度と今までの免除制度との関係は?
 
(回答)
 今回の「若年者に対する納付猶予制度」は、今までの免除制度(法定免除・申請免除・半額免除・学生納付特例)とは別で、新しく4月から始まる制度です。今までの制度がなくなるわけではありません。ただし、申請できる期間が決まっていますので、ご注意下さい。
 また、法定免除、申請免除、半額免除は将来もらえる年金額に一定の割合で反映されますが、今回の納付猶予制度は学生納付特例と同じで年金額には反映されませんので、経済状況が許せば追納(後払い)されることをお薦めします。
 
 
以上、少し話が難しくなりましたが、申請先は地元の社会保険事務所です。該当されそうな方は地元の社会保険事務所にご相談下さい。
 
 
(語句の説明)
1.法定免除(全額が免除)
  障害等級1級、2級に該当する人で障害年金をもらっている人、生活保護法の
 生活扶助を受けている人などが対象。
2.申請免除(全額が免除) 対象者は次の人
  〜闇の所得が一定額以下の人
  ∪験菠欷酲,寮験萇渊以外の扶助を受けている人
  C亙税法の障害者または寡婦で前年の所得が125万円以下の人
  な欷盈舛鯒蕊佞垢襪海箸著しく困難である場合として天災その他の厚生労働
   省令で定める事由に該当する人
3.半額免除(半額が免除)
  2の申請免除の,料闇の所得の基準が違うだけで、△らい録柔遡判と同
 じ。ただし、申請免除は納付額全額を免除するのに対し、半額免除は納付額の半
 額を免除する。
4.学生納付特例(全額が免除)
  前年の所得が一定額以下の学生等が対象。後は2の申請免除の△らい汎
 じ。ただし、学生である場合は、申請免除より学生納付特例が優先に適用され
 る。 


taka19541018 at 14:17コメント(2)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

2. Posted by 藤城   2005年03月08日 22:35
中村 様
ブログランキングへのクリックありがとうございます。
これからも頑張ります。よろしくお願いします。
1. Posted by 知っ得塾:中村   2005年03月08日 21:37
お世話になります中村です。
写真アップされたんですね〜バッチリ良い感じですよ!
それとブログランキングにも参加されたようで、早速ワンクリックさせて頂きました(^^ゞ
お互い頑張りましょうって言うか今後とも宜しくお願いしますm(__)m

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
訪問者数

Archives
Categories
社会保険労務士.COM
  • ライブドアブログ