2005年02月20日

頑張れ!堀江社長

今日、昼のテレビ番組「アッコにおまかせ!」にライブドアの堀江社長が出ていた。
去年からテレビで顔を見ているが、最初は自信の表れか少し言動に嫌なものがあって余り好きではなかった。
しかし、今政治家や経済界から批判されていることに、今日のテレビではきちんと説明していて好感を持った。
 
株を購入したのも、時間外とはいえ、きちんとルールにのっとって購入しているのであるから批判されるべきものではない。
ましてや、一政治家が批判を言うことではない(またこの政治家の批判は的がはずれている。)
 
一連の堀江社長の批判を見ていると、今までの古い体質を守ろうとしている人と、そこに新しい道を作ろうとしている人の対立にも思える。
 
私たち士業の世界でも同じような事がある。
 
私が開業して、今契約している顧問先の社会保険労務士を変更したい、つまり今の社会保険労務士との顧問契約を辞めたいと、相談されたことが2回ある。税理士にについても同じような相談を受けたことがある。
 
顧問契約をしている先生方は、もう契約ができているので、それ以上のことをしようとしない。しかし、会社の社長はいつも売上、収益が上がることを考えている。
 
ここに私たち新しい士業の人間が入り込める余地があるのだが、やはり前の先生達の反発がある。
 
私が開業したての頃、数百の会社にDMを送ったら、社会保険労務士会の役員から何の名簿を見て送ったのかの問い合わせがあった。送った先の会社の顧問社労士から連絡があったらしい。(苦情?) 不正に入手した名簿ではないので、そのことを話すとその役員は納得したが、その後はDMを送る場合は必ず、「社労士と顧問契約されている方は、その社労士にご相談ください。」と一言入れることにした。
 
これも本来ならおかしい。顧問契約していても、社長の要求に契約している社労士や税理士が答えてくれないと社長は他の社労士や税理士を頼らざるをえない。
 
これなら、社長がしっかり頼れる人と顧問契約したいと思うのは当たり前。
 
当然、このことは私にも当てはまる!
 
私も今の顧問先の社長さん達から愛想をつかれないようにしないといけない。
 
そのためには、日々勉強し、情報を集め、顧問先に提案ができるようにしたい。
 
これからも、頑張ってやるしかない!


taka19541018 at 16:12コメント(1)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Supporter 藤井   2005年02月20日 18:22
藤城様
私どものブログへのコメント有難うございました。
新規クライアント獲得が厳しいこと,よく理解できます。
お互い,独自化を目指して頑張りましょう。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藤城 孝雄

公益法人に16年間、文具・OA機器の商社に6年間勤め、経理・総務を経験し、平成15年4月に「FUJIKIサポートコンサルティング」を開業しました。
取得資格 
特定社会保険労務士
ファイナンシャルプランナー(AFP)

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
Categories
社会保険労務士.COM
  • ライブドアブログ