2005年04月15日

ランキングアップにご協力を!→人気blogランキングへ
クリックしていただけると嬉しいです。

顧問先の助成金支給申請のために、関係書類を顧問先に貰いに行った。
社労士にとって助成金は稼ぎどころ。助成金を専門にされている社労士の先生もおられる。
 
しかし、社労士としては助成金は気を付けないといけない。
 
何故かというと、社労士が事業主に助成金の説明をすると、事業主はもうもらえるという気持ちになっている人が多い。実際には助成金には、色々な条件があり、助成金の担当者さえ、東京に聞かないと分からない場合がある。
 
助成金についてのパンフレットも出ているが、これに載っていることは特に重要なことで、実際に支給申請するときに窓口で、「これではもらえませんね。」ということも結構ある。
 
社労士が手続する場合、こんなことは許されない。そのためには、助成金の申請を出す前段階から、助成金の担当者とよく話しをすること。分からないことは必ず、担当者に聞くこと。
 
事業主に助成金の説明をする時も、簡単にもらえそうなことは絶対に言わないこと。他のコンサルタントの中には、助成金がもらえると言って申請したが、結局もらえない場合でも、手数料だけは取るところがあると聞く。
 
社労士は絶対、こんなことはすべきでない。社労士は国家資格であって、こんなことをやっていたのでは、社労士の社会的信用がなくなってしまう。
 
私は助成金を手がけるときは、こんな気持ちでやっている。
 
ある会社を経営している友人から、「そんなこと言ったら、やっていけんよ。」と言われたことがあるが、変えるつもりはない。


taka19541018 at 16:20コメント(0)トラックバック(0)社会保険労務士 

2005年04月14日

ランキングアップにご協力を!→人気blogランキングへ
クリックしていただけると嬉しいです。

設立20周年記念の最後の会議を今日しました。開催は今度の日曜日。
参加者は70名ぐらい。
 
当初、50名で考えていたのでうれしいです。
参加者が多くなった分、準備は大変になりましたが。
 
去年の夏から3人で会議を始めて、今実行委員は10人になりました。
当日のお手伝いは倍になりそうです。
 
このブログでも何回かご紹介しましたが、人がある程度いるという事はいいことです。反対に人が多すぎると話しがまとまりません。
 
みんな同じ要約筆記という一つの目標で集まっているので、話しはまとまりやすいです。
 
日曜日にどんなことになるか、今は不安よりも昔の友人に会えることの方が楽しみです。
 
 


taka19541018 at 22:22コメント(0)トラックバック(0)ボランティア 

2005年04月13日

ランキングアップにご協力を!→人気blogランキングへ
クリックしていただけると嬉しいです。

桜も終わり、労働保険の更新事務が始まり、慌ただしい毎日を送っています。
少し精神的にきついですね。
 
こういう時こそ、お酒を飲みましょう。そうすると気持ちがリラックスして明日また頑張れるのです。しかし、飲みすぎは禁物ですよ。あくまでも気分をリラックスさせる程度に。
 
私はお酒でなく、ワイン派です。実は私にはアレルギーがあって、よく風邪をひいていました。ところが、ワインを飲みだして鼻風邪ぐらいにはなるのですが、寝込んだり、病院に行くということはなくなりました。
 
もう、4カ月くらい風邪らしい風邪をひいていません。
 
皆さんも、ワインを飲んでみたらどうですか?私は赤ワインですが、白ワインでもいいのかな?どなたか確かめてみてください。
 
しかし、くれぐれも飲み過ぎないように!
 


taka19541018 at 18:12コメント(0)トラックバック(0)健康 

2005年04月12日

今日新しいめがねを取りにめがね屋さんに行きました。今、新しいめがねをかけてこれを書いています。
 
度が強くなったので、手元が少し強く見えるので、キーボードがゆがんで見えるような感じです。
 
今日、めがね屋から新しいめがねをかけて帰る時、目がなれていないので道を泳いでいるような感じで、車の中で目がある程度慣れるまでじーとしていました。
 
今までもそうですが、めがねを変えても1週間ぐらいしたら目が慣れて、なんでもないようになります。めがねをかけている人は、経験があると思います。
 
目が慣れるというのはいいことですが、仕事に慣れてしまって、新しく改革する意識がなくなるというのは良くないですね。
 
どんどん仕事をやっていけば、当然その仕事に慣れてきます。しかし、その事に満足していてはいけません。どんな事でも新しく改革できる事はないのかという意識をもって事業を展開していきましょう。
 
私の場合、去年の10月〜9月まで大殺界らしいです。大殺界はおとなしくしていないといけないのですが、やる事はやります。
 
頑張ります!
 
ランキングアップにご協力を!→人気blogランキングへ
クリックしていただけると嬉しいです。
 


taka19541018 at 19:52コメント(0)トラックバック(0)起業・独立 

2005年04月11日

ランキングアップにご協力を!→人気blogランキングへ
クリックしていただけると嬉しいです。

社労士業は4月、5月は労働保険の更新手続きがあるので相当忙しくなります。
ところが、私はそれに足して就業規則の改正と新規の顧問契約、それも給料計算を含んだのが入っています。
 
これくらいで目を回していたのではいけませんね。開業してまだ2年ですから、やれるものは何でもやっていかないと、いつ契約が切れて前のひまな時みたいになるかもしれません。
 
こういう心配があるから、何でも受けてしまうのですが、少し受ける契約を整理しないといけません。
 
基本的な業務は受けるとして、それプラス自分の得意とする分野でやるというのがいいのですが、なかなか自分の得意とするものが出てこないし、それが常にあるわけではないのです。
 
今は、適格退職年金の中退共への移行を中心にやろうと思っているのですが、なかなかうまくいきません。
 
そんなこんなで右往左往しています。ここ1年でしっかりした方向性を出すつもりです。
 
応援してください。
 
頑張ります!


taka19541018 at 17:34コメント(0)トラックバック(0)起業・独立 

2005年04月10日

今日が最後の花見になりましたね。昼頃までは、どうにか天気がもっていたのですが、雨が降ってしまいました。これで桜も終わりですね。
 
ところで、さっき午後8時40分ごろ、またマンションが揺れました。テレビに福岡で震度4のテロップが流れました。九州はどうなるのでしょうか?これで余震は何回目でしょうか?いざというときの準備を怠らないように!
 
で、今日はペイオフ解禁の2回目(最終回)です。
 
 <ペイオフ解禁後の対策>
 1,000万円を超える部分や外貨預金は保護の対象でありませんが、金融機関が破綻した場合、破綻処理後一部カットされて戻ってくる可能性があります。過去の銀行破綻の事例でカット率を計算すると20〜40%になるそうです。
 
 ただし、金融機関の破綻からカット率の確定までに1年程度かかります。預金保険機構が事前に想定したカット率で預金の払い出しに応じる「概算払い」の制度がありますが制度の適用を受けるのは預金者の申請が必要です。
 
 また破綻した金融機関に住宅ローンなどの借入金がある場合は、預金と住宅ローンの相殺も可能です。ただし、この相殺の手続も預金者からの申出が必要です。
 
 預金は自分で、どこに預けるか、どういう風に預けるか、自己管理の時代に入りました。
 
 
ランキングアップにご協力を!→人気blogランキングへ
クリックしていただけると嬉しいです。
 


taka19541018 at 20:41コメント(0)トラックバック(1)法律改正 

2005年04月09日

ランキングアップにご協力を!→人気blogランキングへ
クリックしていただけると嬉しいです。

今日、知り合いの社労士の先生の紹介で、顧客の面談に行ってきました。もちろん、その先生もついてきてくれました。
 
最初は顧客の業務内容から、社労士に依頼したいと思ったいきさつ、そして依頼したい業務内容までの話になりました。
 
私も開業して2年になりますし、何回も会社の社長さんとかと話をしていますが、知り合いの社労士の先生の話の引き出しかたに感心しました。
 
知り合いの先生はまず、先方の話に相づちを打って、その話の中で確かめることを相手に聞きます。
 
私などは、自分の知っている話が出るとすぐその話をしてしまいます。こうなると相手は私の話を聞かざるを得なくなって、自分の話を止めてしまいます。
これでは、いけませんね。反省しました。
 
相手の話をまず聞き、その中から話の糸口を作っていく。
 
今回大変、勉強になりました。もっと、顧客との会話の勉強をしないといけませんね。
 
面談の結果、来週、見積書を持っていくことになりました。成約になれば、また書きます。否、絶対に成約できるように頑張ります。
 


taka19541018 at 22:07コメント(0)トラックバック(0)社会保険労務士 

2005年04月08日

今日、日本法令がやっている社労士情報サイトに登録できました。
 
先月から加入していたのですが、漸くサイトができました。うれしいです。
 
起業して、顧客の皆さんに私自身を知ってもらうことが一番大事だと思っています。そのためには、広告活動は欠かせません。
そのためにブログも書いているのです。しかし、開業当初は余り資金がありません。
 
そのため、少ない(もしくはゼロ)資金でいかに大きな宣伝ができるかです。
社労士情報サイトもその中の一つです。
お金を余りかけなくて、宣伝効果があるのはやはりインターネットだと思います。
ホームページ、ブログ、メールマガジンです。
 
まだ、私自身全部をやり果せていませんが、これから戦略を練っていきます。
 
頑張ります!
 
ランキングアップにご協力を!→人気blogランキングへ
クリックしていただけると嬉しいです。
 


taka19541018 at 15:41コメント(0)トラックバック(0)起業・独立 

2005年04月07日

96934107.JPG
今日は本当の花見日よりでした。時間が出来たので、夫婦で小倉城で花見です。
木曜日なのでまだ人はそんなに多くありませんでした。
 
ところがびっくり、小倉城に社労士の先生方が何人かで花見をしていました。
私たちは、あいさつをして奥の方へ。
 
夫婦でゆっくりビールを飲みました。お腹も一杯になりました。上の写真が小倉城の桜です。今が満開です。
 
ランキングアップにご協力を!→人気blogランキングへ
クリックしていただけると嬉しいです。
 
 
 


taka19541018 at 21:14コメント(0)トラックバック(0)その他 

2005年04月06日

ランキングアップにご協力を!→人気blogランキングへ
クリックしていただけると嬉しいです。

今日昼から、ボランティアの会議に行ってきました。内容は「設立20周年記念式典・祝賀会」の準備です。開催日が17日(日)に迫っているので、みんな少しパニクっていますが、どうにか役割を決めて頑張っています。
 
この式典の記事が3月25日の西日本新聞に載りました。ご覧になった方もいるかもしれませんね。
 
こんな風にボランティアをやっていると、次にも声がかかります。来年4月に開催予定の九州ブロック研修会の事務局長になる予定です。これは行政とかの窓口でいいからということなので、引き受けることにしました。
 
こんだけボランティアをやっていますが、私の仕事(契約)になったことはありません。もともと、開業するずっー以前からやっていたボランティアですし、自分の仕事に引っ掛けるつもりは全然ありません。
 
しかし、神様は見ているのですね。
会議からの帰り道、知り合いの社労士の先生から電話があり、今度顧問先になりそうな所を紹介してくれるとのことです。本当はその先生に依頼があったのですが、その先生が動けないので、私を紹介してくれるとのことでした。
 
世の中、どこでどう転がるか分かりません。
ただ言えることは、「まず自分の事ではなく、他人に何をしてあげる事ができるか?」を先に考える事だということです。
 
そうすると、回りまわっていつのまにか自分に還ってきているのですね。
 
これからも、人を大事にしたいと思います!


taka19541018 at 18:19コメント(0)トラックバック(0)起業・独立 

2005年04月05日

ランキングアップにご協力を!→人気blogランキングへ
クリックしていただけると嬉しいです。

1日に今年の労働保険料更新の手続き書類が送って来ました。届け期間が4月1日から5月20日なのに、4月1日に送ってくるのは遅いと思うのですが、それも説明会も4月8日から10日過ぎまでに行なわれます。
もう少し、行政サービスしてほしいですね。
 
では、届ける時の注意を少し。
 
会社にバイトに行くとよく「バイトにはケガしても労災は出ない」とか言う人がいますが、そんな事はありません。バイト、パートの人にも労災は適用されますので気をつけてください。労災保険料を計算するときは、合計の金額に入れることを忘れずに!
 
ただし、バイト、パートの人には次の二つの要件がそろわないと雇用保険の適用はありません。
。噂鬼屬僚蠶袁働時間が20時間以上であること
■映以上引き続き雇用されることがみこまれること
年収が90万円以上という要件がありましたが、平成13年4月1日に廃止されました。今は年収金額は関係ありません。
 
次によく困るのが有期事業の場合です。「有期事業」とは、建設や立木の伐採の事業で期間が決まっていて現場で働く場合です。普通の事業は、会社が存続している間は継続してありますので「継続事業」と言います。
 
有期事業のみで労災を届けていると現場で働いている人が、用があって事務所に寄った時に事務所でケガをしても、有期事業の労災の適用になりません。この時は事務所でのケガですので、事務所での労災の適用になります。しかし、ケガをした人が事務所の労災に加入していないと対象になりません。この事務所での労災を「事務所労災」と言っているようですが、正式な名称ではありません。
 
有期事業を営んでいる会社は、有期事業の労災の届けと事務所労災の届けをする必要があります。
 
詳しくは、お近くの労働基準監督署にお問合わせください。
 
ということで、私も出来るだけ早く顧問先の届けをする予定です。


taka19541018 at 17:41コメント(0)トラックバック(0)手続き 

2005年04月04日

ランキングアップにご協力を!→人気blogランキングへ
クリックしていただけると嬉しいです。

 私の事務所では毎月1回、「FUJIKI情報FAXサービス」を顧問先、公認会計士、税理士、司法書士、行政書士の皆さんに送っています。発行は明日です。
 今日はその一部をご紹介します。
<ペイオフ解禁後の対策>
 4月からペイオフ解禁で、銀行に預けている預金の元本1,000万円とその利息しか保障されないことは皆さんご存じのとおりです。情報FAXサービスでは、預金に利子がつかない「決済用預金」があり、これは銀行が破綻しても全額保障されることをお伝えしました。
 決済用預金の要件は〕息がつかない△い弔任皸き出し可能8共料金引き落としなど決済に使えるの三つです。決済用預金については各銀行にお問い合わせ下さい。
 
 銀行が破綻した場合、まず「名寄せ」が行われます。これにより、その銀行(支店も含む)の預金の名義を一つに集めて、保護される部分と保護対象外部分とに仕分けされます。銀行全体でやりますので、名義が一つに集められて、保護される部分と保護対象外部分とに仕分けされます。銀行全体でやりますので、支店が別でもすべて統合されます。つまり1,000万円を超える預金については他の銀行に預けないと保護されません。
 
 法人格がある企業などは、それぞれが一預金者として扱われ、個人口座とは別扱いになります。しかし、個人事業者の場合は、屋号で作った口座も名寄せの対象になります。また、法人格を持たない任意団体などの場合は、団体を構成する各メンバーの預金として名寄せの対象に含まれるケースもありますのでご注意下さい。
 
続きは次の機会に。


taka19541018 at 18:45コメント(0)トラックバック(0)法律改正 

2005年04月03日

ランキングアップにご協力を!→人気blogランキングへ
クリックしていただけると嬉しいです。

仕事上、毎日パソコンを打っています。それも長い時はほぼ一日中になります。
 
写真を見ても分かりますが、私はめがねをかけています。それも結構度が強い近眼です。もう年ですが、まだ老眼になりません。もうそろそろ老眼になっても良い時期だと思っているのですが。それほど近眼が強いそうです。
 
それなのに、一日中パソコンを打っているので、また目が悪くなっています。
車を運転していますが、昼間の運転をいいですが、夜の運転は用がない限り、控えています。家内がいるときは、家内に運転をしてもらっています。
 
ところが、もうめがねを替えないといけないところまで来ました。
 
普通、目の検査を2年おき位にしますが、私が前回したのは5年前でした。
目が悪い為に、運転をしていて案内の看板を見過ごして曲がらず、行き過ぎたことたびたび、遠くの見たような人がいたら、見知らぬ人でも挨拶をする習慣ができました。
 
こんな事ともお別れですが、もっと目を大事にしていたらと思います。
 
パソコンを打つときは休みながらやりましょう。やりすぎると手や肩がしびれてきますよ。
 
自分の健康は自分で守るしかありません。
皆さんも、健康に十分気をつけてください。
 
明日からまた仕事です。頑張りましょう!


taka19541018 at 21:21コメント(0)トラックバック(0)健康 

2005年04月02日

ランキングアップにご協力を!→人気blogランキングへ
クリックしていただけると嬉しいです。

今日の朝、NHKの番組を見ていると「スキミング撃退法」をやっていました。
気になるので、見てしまいました。
 
自分の知らない間にカード情報を盗まれてしまうと対処の方法がない。カードがないければすぐに銀行に連絡するが、カードが手元にあると情報が盗まれているとは夢にも思いませんね。
 
知らない間に銀行口座から現金が引き出されないようにするには、口座番号を知られにくい番号に変えるしかありません。
 
ところが、私なんかも知られづらい番号にしてしまうと、私自身が忘れてしまう心配があって、どうしても自分でも分かりやすい番号にしてしまいます。
 
しかし、これからは口座の暗証番号が生年月日や電話番号等で知られやすい番号を設定している場合、口座から現金が引き出されても銀行は補償しないと言っています。
 
つまり、自分自身で守るしかないのです。
 
それで、口座番号を変更しないといけないのですがどんな番号がいいのでしょう?
番組では、学校を受験した時の受験番号とか、自分にとって良い思い出がある番号にしたらいいでしょうと言っていました。
 
確かに思い出に残っている番号なら、なかなか忘れないですね。
早速、私達夫婦も暗証番号を変えることにしました。
何の番号したかって、それは ひ・み・つ です。
 


taka19541018 at 18:41コメント(0)トラックバック(2)起業・独立 

2005年04月01日

ランキングアップにご協力を!→人気blogランキングへ
クリックしていただけると嬉しいです。

今日、小倉井筒屋の総合相談の帰りに小倉城と勝山公園を通って帰ってきました。
私の事務所は大手町なので、小倉井筒屋からは帰り道なのです。
 
ようやく桜も蕾から咲き始め。もうすぐ、花見が出来ます。日中はもう、そんなに寒くありません。
 
仕事の傍ら、こういう自然に触れて、気分をリフレッシュするのもいいものですね。
 
道すがら、色々な花が咲いています。
 
今日は1日中、机に座っていたので気分転換になりました。
 
“春が来た”という感じです。
 


taka19541018 at 17:11コメント(0)トラックバック(0)健康 

2005年03月31日

ランキングアップにご協力を!→人気blogランキングへ
クリックしていただけると嬉しいです。

明日から4月、顧問先に時間外労働・休日労働に関する協定(36条協定)の労働基準監督署への届け漏れがないか確かめて回りました。
 
顧問だけでなく手続きも含めて契約していると、期限がいつなのかは私自身が把握しているので分かりますが、顧問だけの契約の場合、私自身が手続きをしていないし、顧問先によっては社労士から色々、会社の内容を聞かれるのを嫌がる経営者もいます。
 
つまり、顧問契約なので自分(顧客)が分からない時だけに(自分が分からないことだけに)答えてくれたらいい。そちら(社労士)からは、色々内容を聞かれたくないという顧客もたまにいます。
 
そういうタイプの顧客については、話しの糸口を見つけて話しをするようにしています。
 
ただ、法律違反になるようなことについては別です。
事業所で時間外労働・休日労働がある場合、36条協定については、労基署に届けをしていなければ法律違反になり、その間の時間外労働・休日労働はさせられません。これは就業規則の届けを施行後にもっていっても就業規則自体の効力はなくならないのとは違います。
 
36条協定を締結しているところは、年度変わりで期間を設定しているところが多いので、顧問先に確認したのです。
 
社会保険労務士ならば、法の適用の違いを顧問先に知らせなければなりません。
 
明日は小倉井筒屋で社会保険・労働保険の相談を担当します。
たくさん(?)来てくれるといいです。
 
明日も頑張るぞ!
 
 
 


taka19541018 at 21:48コメント(0)トラックバック(0)手続き 

2005年03月30日

ランキングアップにご協力を!→人気blogランキングへ
クリックしていただけると嬉しいです。

あさってから4月です。個人情報保護法が完全施行されます。皆さんは個人情報の保護について準備されていますか?
 
私も、顧問先から個人情報保護についての契約を求められましたので「秘密保持契約書」を作りました。
 
内容としては
目的
秘密情報(定義等)− 個人情報も当然含まれます
秘密保持義務等
秘密情報の返却等
秘密情報の取扱いの再委託
契約の存続
協議
賠償責任
合意管轄(紛争処理)
などです。
 
ここで注意しないといけないことがあります。
契約業務が終了した場合など、相手から秘密情報の返却を求められたらすべてのものを(記録等の形式を問いません)返却しなくてはならなくなります。本来業務が終了すれば、提供された秘密情報を所持する必要がないからです。返却するということは、自分の手元には秘密情報を一切残さないということです。
 
しかし、ここで注意しなくてはいけないのは、私達社会保険労務士は社会保険労務士法により帳簿閉鎖後も2年間は記録を保存しなくてはなりません
 
つまり、契約者から秘密情報の返却を求められても2年間はできない事になります。
私は契約書の中で、「返却を求められた時は、すべての秘密情報を返却する。ただし、社会保険労務士法で記録の保存が義務づけられている場合を除く。」としました。
 
皆さんのお考えは、どうでしょうか?


taka19541018 at 15:59コメント(0)トラックバック(0)社会保険労務士 

2005年03月29日

ランキングアップにご協力を!→人気blogランキングへ
クリックしていただけると嬉しいです。

お客さんから就業規則の改正を依頼されると、よく言われることが「管理監督者には時間外手当を払わないでいいんでしょ。」とか「どうにかして、時間外手当を払わないでもいい就業規則を作ってほしい。」ということです。
 
平たく言えば「時間外手当の金額が多いので、どうにかしたい。」と言うことなのですが、経営者としては使える手はどんな手でも使いたいということでしょう。
  
しかし、法律に違反する事はいけません。では、どうするか?
 
どうしても時間外手当を出せないなら(あくまでも出したくても出せない場合です)、時間外手当分ぐらいを含んだ金額が前の賃金ぐらいになるように賃金を下げることは出来るでしょう。ただし、極端に下げる事は労働者に対して不利益になりますので、あくまで経営状態を見て判断すべきでしょう。(トラブルを避ける為には、労働者とよく話すことも大事です。)
 
次によく問題になるのが「管理監督者」はどの範囲までか?です。
 
会社によっては、役職だけ付けて手当は余りなく、やっている仕事は一般職とほとんど変わらないという人がいます。なぜかと言いますと、先ほどの問いに答えることになりますが、労基法上「管理監督者」には時間外手当・休日手当を支払わなくても良くなっているからです。(深夜業の割増、年次有給休暇の請求権はありますので、気をつけてください。)
 
ただし、ここで注意!
管理監督者は、就業規則で「この人を管理者にします」と役職手当を付けても、実質的にその人が「使用者と一体になって」仕事をやっているのか、「時間の管理」をその人の自由に任せているのかなどのことが総合的に判断されます。あくまでも実質的に判断されますので、人件費を削減したいが為だけに、従業員を何も権限がないのに役職にするのは止めましょう。
 
労働基準監督署が会社に調査に入って先ず調べるのは、「残業の不払いがないか?」「時間外手当の計算基準に入れるべきものはきちんと入っているか?」「管理監督者の範囲は適正か?」です。
 
もう一度、みなさんの会社の就業規則、賃金規程をお確かめてください。
 
 


taka19541018 at 21:09コメント(0)トラックバック(0)人事・労務管理 

2005年03月28日

ランキングアップにご協力を!→人気blogランキングへ
クリックしていただけると嬉しいです。

育児・介護休業に関する規則の改正分が出来たので、顧問先に持っていった。これで一つは落ち着いた。まだ、残っている顧問先もあるが、まぁ少し落ち着いた。
 
そうこうしていると、所属しているボランティアサークルの会長から連絡があり、相談事があるので会って話をしたいとのこと。
 
「相談事」となると少し身構えたが、会って話しを聞いた。
相談事は何件かあったが、その中でも一番は「来年の2月に要約筆記の九州ブロック研修会を計画しているが、今窓口を担当している人が入院するのでやってもらえないか」ということだった。
 
実務はないということで、「窓口」ということで引き受けることにした。
 
社労士業も忙しくなると思うけど、声がかかるうちが華と思う。
 
だれも声をかけてくれなくなったら社労士業も危なくなる。
本当に忙しくて出来ない時は、自分でも分かるのでその時はお断りする。
 
しかし、少しでも自分が社会に対して何か出来る、また何か貢献したいと思うならば、出来るだけやっていこうと思う。
 
皆さんも、応援して下さい。


taka19541018 at 18:54コメント(0)トラックバック(0)ボランティア 

2005年03月27日

ランキングアップにご協力を!→人気blogランキングへ
クリックしていただけると嬉しいです。

昨日、今日とパソコン三昧。
手も少し痛くなってきた。4月から変る育児・介護休業法に伴って顧問先の育児・休業規程を作り変えている。これぐらいはサービス。
4月までもう少し、頑張るぞ!
 
と言うわけで、今日はこれで終わります。
 
(どうにか業務のルール化を考えないと、その時その時に対応していたのではらちがあかない。いつも頭の中にはあるんだけど、お客さんで要求が違っているので、ある程度はどうしても、中身を変えざるを得ない。まぁ、じっくり考えます。)


taka19541018 at 18:38コメント(0)トラックバック(1)起業・独立 
livedoor プロフィール
訪問者数

Archives
Categories
社会保険労務士.COM
  • ライブドアブログ